■おすすめアダルト作品
  私がこれまで見たアダルト作品の中から、おすすめのものを紹介します。私個人の好みですので、だいたい鼻責め・猿轡があるフェチ系作品が中心となると思います。ただ、レンタルで見ただけで記憶が正確でない作品もありますので、若干違っている所があるかもしれません。その点はご了承下さい。
作品名
女優
会社名
コメント
「被虐のエクスタシー(調教舌人形)」
藤岡未玖
シネマジック

 冒頭からボールギャグ+鼻責めのシーンがあります。舌が洗濯ばさみみたいなのにはさまれ、そこに熱ロウを垂らされる責めもあります。開口ギャグを着けられてのフェラ・射精の後、ノーズフックで豚顔にされるシーンもあります。
 以上のように、かなり顔責めのシーンがありますが、それ以外にも、熱ロウ、スパンキングも力が入っていて、全体的にハードな責めが展開されています。主演の藤岡未玖は、顔に関しては好みが分かれるでしょうが、スタイルは抜群であり(足が長い)、黒のボンデージファッションがよく似合っていました。

「被虐隷嬢」

水沢ひとみ
シネマジック

 「被虐のエクスタシー」の続編みなたいな感じ(ストーリーにつながりはないけど)。責めの内容も似ています。鼻責めや開口ギャグ、割り箸みたいなやつで舌をはさむなど、顔責めが盛りだくさん。全頭マスクをつけられ、口のチューブで息をしているのだが、そこから唾液が垂れるシーンは、なかなかフェチです。最後の方で、黒のパンティーを口に押し込められて鼻責めされるシーンもあった(ような気がする)。
 いかにもお嬢様っぽい容姿の水沢ひとみは、お孃様役がよく似合っていました。

「ボディコンハンター4」

野村理沙
シネマジック

 これも、前2作と同様、監督はハリー杉乃です。やはり、鼻責めや開口ギャグが出てきます。特に、鼻責めの場面で、男優(確かチョコボール)に鼻の穴をべろべろなめられるシーンは必見です。男優の唾液が大量に鼻の穴にかかって、フェチ度満点。ボールギャグをつけられた状態でハードにスパンキングされ、涎がだらだら垂れるシーンもかなりの迫力です。
 開口ギャグを装着されてのフェラのシーンでは、精液を口の中に発射された後、パンティをつっこまれ、そのまま開口ギャグの栓をされ、更にその上を黒テープで巻かれてしまいます。ここで、野村理沙がくぐもったうめき声を上げる所がたまりません。

 かなりの人気作品ですが、現在は絶版状態のようです。

獣奇コレクター9
 秘悦天使奴隷」

山崎まりあ
ART

 開口ギャグを装着されてのノーズフック。その状態の顔にたばこの煙をふきつけたり、ヨーグルトを口の中に垂らす責めがあります。その後、M字開脚に縛られた状態でバイブを激しく突っ込まれ、何度もいかされます。最後には泣き出してしまうのですが、いかにも強制的にいかされた感じが出ていて、被虐感がそそられました。
  あまり顔がはっきりクローズアップされる場面はないのですが、この女子高生役の山崎まりあという女優は、まあまあ美形のような感じはしました(あくまで主観ですが)。特に、開口ギャグ+ノーズフックのときの顔は、個人的によかったです。

「秘悦天使奴隷4」
尾崎麻衣
ART

 診察台に寝かされた尾崎麻衣(女子高生役)。その顔には開口ギャグをつけられている。開きっぱなしにされた口に、ピンポン玉ぐらいの大きさのスポンジを入れられ、そこに液体(何かは不明だが、白い液体)を垂らされる。スポンジは、当然液体を吸い込むから、強制的に液体を飲まされるという訳である。尾崎麻衣が、スポンジからあふれ出ているであろう液体を苦しそうに飲む姿は、なかなかそそられます。
  その後、開口ギャグをされたままノーズフックをつけられる。そして、その顔に強烈な水流をあびせられる。特に、鼻の穴にもろに水流が当たり、尾崎麻衣がむせる様子は必見である。最後には、あまりのつらさからか、尾崎が診察台から跳ね起きてしまう。
  また、全頭マスク+ポンプギャグをつけられた場面もある。ポンプがどんどん押されて、尾崎の口を圧迫し、尾崎がうめくような声を上げるシーンもなかなかです。
  以上のように、この作品は顔責めマニアなら見ておいて損はないと思います。ただし、ストーリー的にはいまいちです(はっきりいって意味がよく分からない)。主演の尾崎麻衣は、色白で顔もまあまあといった所でしょう。ある情報によると、現役の慶応大生だったらしいです。

「インモラル女校生6」
北原まゆみ
シネマジック

 鼻責めシーンが、かなりねっとりして、しつようです。ノーズフックで豚顔にされた北原に、男優(速見)が口から水(唾?)を鼻の穴や顔面に落とす責めがあります。さらに、ノーズフックを小刻みに動かされ、鼻をひくひく動かされる所もよかったです。
  また、ボールギャグをはめられ、定規でスパンキングされる場面もあります。北原が汗だくとなり、顔面が汗と涙でどろどろとなる所もなかなかのシーンです。
  北原まゆみは、ややぽっちゃり型ですが、清楚な女子高生という感じが出ていてよかったです。

「女教師メイファ 肉体留学」
メイファ
シネマジック

 机の上に縛られて寝かされているメイファ。口には布の切れ端をいっぱい詰められて、更にその上から布で猿轡をされている。その状態で、ノーズフックによるしつような鼻責めが展開される。男優の汗や唾液が、メイファの顔にかかり、メイファが本気で嫌がっているように見えるのがよかったです。
  男優がノーズフックされだメイファの顔を見ながらオナニーして、コンドームの中に精液を発射。その精液をメイファの顔に垂らし、更にコンドームをメイファの鼻にくっつけるシーンもあります。
  メイファは、スレンダーながらも肉感的で、なかなかそそられる体です。よがり声やあえぐときの声も、かわいらしい感じがしてよjかったです。

「緊縛接待の女」
高見ゆめか
シネマジック

 鼻責めシーンが印象的でした。設定は、建設会社を営んでいた父親がだまされて会社を倒産させてしまい、その借金を返すために、高見が体を売って調教されるというものです。鼻責めシーンでは、自分がなぜ体を売るのかを告白させられるのですが、そのとき感極まって(?)、涙を流してしまいます。高見はAV女優にしては演技力があり、ここはぐっと来るものがありました。
  高見ゆめかは、パッケージの写真はいまいちの感じだったのですが、実際に見ると結構美形だと感じました。それで、ちょっと得した気になったのを覚えています。

「背徳者たちの夜」
菊池美保
シネマジック

 かなり昔の作品だと思いますが、これまで私が見た鼻責めシーンの中でも、かなりのインパクトがありました。
  体操着姿(下はブルマで、胸はさらけだされていて、乳首にクリップ)の菊池が椅子に拘束されている。顔には、ノーズフックがかけられている。舌にもクリップがつけられていて、舌を口の中に入れられなくされている。その状態で、牛乳やトマトジュースをかけられる。
  牛乳やトマトジュースがもろに鼻の穴の中に入り、菊池がむせかえり、ブルマもぐちゃぐちゃになる。菊池の顔からは、猛烈に汗がでまくる。とにかく、フェチ度満点です。菊池が「もう許して。」と哀願するにもかかわらす、容赦なく牛乳を顔面にぶっかける中野D児もいい。
  なお、このシーンとは別にボールギャグ+ノーズフックの顔責めのシーンもありました。

 鼻責めシーンだけでしたら、「ザ ノーズプレイ コレクションDX」で、見られます。

「ボディコン誘拐物語  第一夜」
小林里穂
大洋図書

 開口具を着けられてのフェラがあります。そのフェラの後、口の中に射精した精液をガラス瓶の中に吐き出させて、その精液を顔にたらすシーンがあります。全般的に、責めがねちっこいです。なお、鼻責めはありません。
  小林理穂は、まあまあ美形でスタイルもいいです。彼女の別作品も見てみたい。

「蛇縛の潜入病棟」

音咲絢
アタッカーズ
 開口具でのフェラがあります。最初は、開かされた口の中に普通にペニスを突っ込まれますが、その後滑りをよくするために、口の中にローションを入れられた状態でフェラさせられます。そのとき、ペニスを突っ込まれた口からローションが大量にしたたり落ちるシーンがよかったです。 ここで使われている開口具は、あまり見かけないタイプでした。
 射精されて精液を口の中に放出された後、さらにエイズ感染者や病気を持った患者などから採取した精液を顔にぶっかけられるシーンもあり、なかなか見ごたえがありました。
 なお、鼻責めはありません。

「使い捨てM奴隷」

君嶋もえ
ムーディーズ
 記念すべき使い捨てM奴隷シリーズの第一弾。
 とにかく、内容がハード。 鼻と口にフックをかけられた状態でのフェラや開口具を装着されてのフェラがあり、顔責めは盛りだくさん。ラストには、顔面に集団で精液をぶっかけられ、犯される。そして、更に顔や全身に小便をぶっかけられる。
 このように、責め自体は超ハードであるが、残念なのは、なんとなくコミカルに感じられるストーリー展開かな。これで、ストーリーにしっかりとしたドラマ性があったら完璧だった。もっとも、こんなハードな内容をちゃんとしたストーリーでやったら陰惨な気持ちしか残らないかもしれないが。

「使い捨てM奴隷2」

朝倉海音
ムーディーズ
 前作の君嶋もえは女子高生でしたが、本作の朝倉海音も女子高生として、学校の中で犯されまくります。女子高生ものらしく、制服やブルマー、スクール水着などで犯されます。顔責めもあり、開口ギャグやマウスバインダーなどを使って強制的に開口させて、その口によだれをたらしたり、ペニスをつっこんだりします。ただ、鼻責めはありません(残念!)。
  女子高生役として見ると、君嶋もえより朝倉海音の方が似合っているので(個人的主観ですが)、私はこっちの方が好きです。ハードだった前作を見事に引き継いでいて、使い捨てM奴隷シリーズをうまく軌道に乗せた作品と言えるのではないでしょうか。

「使い捨てM奴隷5」

小泉キラリ
ムーディーズ
 この作品は、女優の演技もなかなか様になっていて、かなり本格的な仕上がりになっています。
  簡単にストーリーを言うと、不能の亭主がいて、その妻がキラリ。その亭主は、自分が不能なため、キラリが欲求不満になって自分の元から逃げ出してしまうことを恐れ、きらりを完璧な奴隷とするべく調教を依頼するというものです。調教といっても、やることは、ほとんど集団レイプみたいなもんなんですけどね。はげしいイマラチオやアナルを犯されたり、小便もかけられたりします。開口ギャグを装着されて、その口に次々と精液をぶっかけられるというシーンもあります。このシーンは、キラリが緊縛されていたらもっと良かったかな。なお、残念ながら鼻責めはありません。
「ボンデージ令嬢」
桜木陽子
シネマジック
 ストーリーは、恋人の依頼により、令嬢が誘拐・監禁され、SM調教されるというもの。
  冒頭からフェチシーンが展開されます。緊縛・フェラさせられ、口内発射された後すぐにボールGAGをかまされます。当然、ボールGAGからは精液がしたたり落ちてきます。
 レイプシーンも、かなりの緊迫感があります。更に、レイプ・緊縛された後、放尿してしまうのですが、尿でぐちょぐちょのパンティを口につめこまれたりもします。
 鼻責めもあります。ノーズフックをかけられてのフェラの後、顔面にぶっかけられます。 蝋責めやスパンキングもハードですし、皮製ボンデージも頻繁に登場します。
 全体的に、作品のテイストが、
ハリー杉乃監督の「被虐のエクスタシー(調教舌人形)」にそっくりな感じがしました。

「BONDAGE DOLL 2」

坂巻リオナ
シネマジック
 美形の坂巻リオナに対する執拗な鼻責めが見られます。鼻責めされながら、涙を流すシーンがあるのですが、被虐感が出ていてグッドです。
 黒エナメルのボンデージスーツを身にまとった坂巻に対する緊縛シーンも良いです。ただ、ストーリー的には、意味がよく分かりません。
「蛇縛の淫辱飛行」
坂巻リオナ
アタッカーズ
 スチュワーデス姿の坂巻がハードに責められます。この作品でも、坂巻の鼻責めが見られます。鼻責めシーンは、画面がちょっと暗いのがおしいです。更に、顔面クリップ責めがあります。スチュワーデスであることの意味はほととんどないですが、ストーリー的には、まとまっている感じがします。最後まで、一方的にハードに責められて終わりました。
 個人的にスチュワーデス姿というのは好きなので、スチュワーデス物はもっと作ってほしいですね。

「黒姫・完全版」

ディスカバリー
 18禁アニメです。
 女子大生が 開口ギャグを装着されて、二人の男にレイプされるシーンがあります。「開口ギャグにペニスを突っ込まれての強制フェラ→口に発射」、「あそこに突っ込まれた後、顔面に発射」という内容です。開口ギャグというのは、アニメではめずらしいのではないでしょうか。結構、新鮮な感じがしました。 ただし、ストーリーは・・・・。まぁ、SMっぽいシーンが多いですので、ストーリーは度外視して、責めの内容だけ楽しめばよいと思います。
 

「使い捨てM奴隷7」

すばる
ムーディーズ
 「使い捨てM奴隷」シリーズの第7弾です。
 あいかわらずハードな内容です。開口ギャグ、鼻フックを使っての顔責めも盛りだくさんです。ただ、鼻フックを使っての鼻責めは、ただフックを引っ掛けただけで、しかもそのかけ方も甘い感じがしました。
 私個人の一番の見所だったのは、しつような「顔舐め」でした。とにかく、長時間、ねっちり顔面を舐めまわされます。唾液を顔中に大量にかけられ、口の中にもたらされて飲まされます。

「新体操(仮) 〜妖精たちの輪舞曲〜 Lesson4 「狂艶乱舞のラストステージ」」

ピンクパイバップル

 レオタード姿で緊縛された女子高生が激しく犯されます。開口具で強制的に開口させられた口にペニスを突っ込まれ、そのままイラマチオ。その間に、乳首電流責めや精液浣腸されます。最後は、膣内射精されると同時に、大量脱糞します。とにかく、現実には不可能な責めや動きがあって、実写ではできないアニメ独自のインパクトがあると思います。

 なお、本作品は四部作の最後です。第三部の新体操(仮) 〜妖精たちの輪舞曲〜 Lesson3 「ヴァージン輪舞曲」では、鼻責めの描写もあり、これもお勧めです。

「使い捨てM奴隷13」

三浦なつみ
ムーディーズ

 ハードなシーンが連続です。
 放尿させられた後、その小便でべとべとになった床を、彼女がはいていたパンティでふかれ、そのままそのパンティを顔にかぶせられます。机にボールギャグをかまされて仰向けに縛り付けられるシーンでは、頭が床に向くぐらい反るような形で縛りつけられているため、ボールギャグから噴出した唾液で顔中がべとべとになってしまいます。開口ギャグで強制的に開口させられた口の中に、次から次に唾液をはきかけられたりもされます。まさに、「人間たんつぼ」です。最後は挿入されながら、顔に小便をいっせいにぶっかけられます。

「インモラル女校生14」

神谷ゆうな
シネマジック

 顔責めが充実しています。最初の鼻責めでは、鼻フックされた鼻の穴がライトに照らされ、鼻毛もばっちり見えます。そして、鼻フックをかけられたまま、イラマチオぎみのフェラへと進みます。次は、口を黒いマスクのようなもので覆われた状態での窒息プレイ。途中、ビニールで顔をぐるぐる巻きにされ、顔面をかなり変形させられたりします。その後、鼻フックによる鼻責め(二方向もあり)へと展開します。小型のペニスの形をしたもの(鼻の穴専用?)を鼻の穴に突っ込まれたり、スポイトで精液を鼻の中に注入されたりします。

 とにかく、顔責めシーンが長いです。浣腸されたりスパンキングのシーンもありますが、メインは顔責めといってよいでしょう。女優もなかなか美形の方で、グッドでした。やはり、顔責めは内容がハードでも美形な人でないと興奮しませんよね。

「恥辱の女潜入捜査官」

合沢萌
シネマジック

 女性刑事が潜入捜査中に正体がばれて、組織になぶりものにされます。見所は、やはり顔責めシーンです。鼻フックされた顔面に、次から次にコンドームの中の精液をかけられます。このたくさんのコンドームの中の精液は擬似でしょうが、それでも必見です。特に、最初は強気な女性刑事が、最後は「もう許して」と言うまで陥落していく様は、ぐっとそそられます。

 鼻責め以外にも、ボールギャグ、スパンキング、固形物噴射の浣腸責めなど、充実した責めがありました。

当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Never reproduce or republicate without written permission.
Copyright 2009 「美顔愛好会」 All rights reserved.